プライバシーマーク更新

HOME» プライバシーマーク更新 »プライバシーマーク更新 セミナー・コンサル・文書販売・解説

プライバシーマーク更新

プライバシーマーク更新 セミナー・コンサル・文書販売・解説

 プライバシーマーク更新を控える企業・担当者の状況はさまざまです 

               

当社はプライバシーマーク専門のコンサルティング会社です。

当社のプライバシーマーク更新関連サービス(セミナー・講座/コンサルティング/文書販売)を

うまく利用してスムーズな更新、プライバシーマークの運用維持を目指しましょう。

もちろんマイナンバーに対応したご支援も行っております。
 

 

 【おすすめのプライバシーマークセミナー】  

更新を控えマイナンバー対応が心配というお客様向けにセミナー開催中
マイナンバー法とプライバシーマーク制度セミナーはこちら

90分の個別セミナーでプライバシーマーク更新ポイントをしっかり押さえる
新任担当者のための プライバシーマーク更新セミナー


 

プライバシーマーク セミナー 更新 教育 審査
 

プライバシーマーク(Pマーク)更新 講座・セミナー

プライバシーマーク更新関連のセミナーは取得済の企業様・担当者様向けに

セミナー・講座を開催しております。

更新審査について学び対策していくための講座、教育担当者向けのセミナー

個人情報の洗い出し手法や台帳・リスク分析をテーマにした講座など

課題別に開催しております。 

プライバシーマーク(Pマーク)更新審査の傾向と対策 講座

プライバシーマーク(Pマーク)教育担当者向けセミナー

個人情報の洗い出しとリスク分析を学ぶ講座

新任担当者のためのプライバシーマーク更新セミナー

 

以上が現在、開催中の講座(セミナー)になります。

詳しくは下記から

プライバシーマーク課題別セミナー・講座のご案内はこちら 

 

プライバシーマーク 更新 コンサル 支援 サポート     

プライバシーマーク(Pマーク)更新サポート・コンサル

プライバシーマーク更新完了に向け安心して取り組むための、

さまざまなサポートプランをご用意しております。

どうしても忙しくて・・・というプライバシーマーク(Pマーク)の担当者様も

多いと思われます。また、コンサルティング会社などの専門家を付けずに

進める場合は、これで大丈夫なのか?!これで審査パスできるのか?!

・・・という不安やストレスを感じた時は、ぜひ当社にご相談ください。


お客様の現状と担当者様の忙しさや社内の協力体制などを考慮し

更新時期に合わせてどんなサポートが必要か、ご予算に合わせてご提案しています。

もちろん、他社コンサル会社からの乗り換えもスムーズ、当社自慢の

規程文書類などへの切り替えやスリム化なども実施可能。

安心してご依頼頂けるよう、これまでの状況も踏まえ配慮して進めてまいります。

過去のプライバシーマーク(Pマーク)運用において、その結果に心配がある場合や

申請準備や審査対策などについて不安の多い場合、初めての担当者向けのサポートから

必要なものだけ選択してサポートが受けられるプランなど、お客様の状況に合わせた

サポートコースがございます。現在、プライバシーマーク更新認定フルサポートコース

ヘルプデスク+更新サポートコース、プライバシーマーク運用・教育など

課題別サポートコース、プライバシーマーク更新申請前チェックサービス

プライバシーマーク文書審査・現地審査対応サポート、プライバシーマーク運用・

更新顧問契約サービスなどがございます。


 プライバシーマーク更新支援(コンサルティング)サービスはこちら 

 

プライバシーマーク 文書 販売
株式会社コンプライアンス・マネジメントでは、プライバシーマーク関連の

文書販売も行っております。プライバシーマーク取得後、自社で取り組む際の

強い味方となるアイテムとしてぜひ、ご活用ください。現在、下記の

プライバシーマーク関連文書教育の購入が可能です。


◆プライバシーマーク現地審査対策教本(現地審査の実態_現地審査問答集)

Pマーク現地審査問答集
プライバシーマーク現地審査対策教本は現地審査対策に欠かせない必携アイテム。

これがあれば現地審査の傾向と対策がよくわかります。審査ポイントをまとめた

チェックリスト付き。代表者のインタービューを控える社長様にも好評です。

現地審査対応問答集| プライバシーマーク現地審査対策教本販売はこちら


◆プライバシーマーク教育テキスト(個人情報保護ハンドブック)

Pマーク教育テキスト
プライバシーマーク教育対応のテキスト(ハンドブック)は、テスト問題を解説付き

セットにて販売しておりますので、プライバシーマーク教育担当者様が定期教育に

ご活用頂けます。


  プライバシーマーク教育(Pマーク教育)テキスト・テスト販売はこちら 

 


 プライバシーマーク 更新

 

 

プライバシーマーク更新の解説

プライバシーマークは有効期限があり、有効期間は2年となります。従って、継続して

使用するには2年ごとに申請手続きをする必要があります。

更新をするには審査機関(付与機関)へ申請を行い、取得時と同じ様に書類審査・現地審査を

受けなければなりません。申請期間・期限が決まっていますので、しっかりと計画し

プライバシーマーク(Pマーク)更新完了に向けて準備をしていくことが大切です。

初めて更新を迎える企業の担当者様や、再確認をしたい企業様、今回から担当になった

という担当者様向けに、わかりやすく解説しております。


プライバシーマーク更新申請方法・手続き
プライバシーマーク更新申請の流れ
プライバシーマーク更新審査の流れ
プライバシーマーク更新費用について
プライバシーマーク更新申請書類
プライバシーマーク更新の注意点
プライバシーマーク更新 Q&A (よくある質問と回答 ) 



プライバシーマーク 更新 E
 


 

 

  
プライバシーマーク(Pマーク)の更新申請受付期間および、かかる費用

 

(1)プライバシーマーク(Pマーク)更新申請受付期間

更新をする場合の申請受付期間は、付与の有効期間の満了の8ヶ月前の日から

4ヶ月前の日までとなります。
 

有効期間については、JIPDECの付与事業者リストや付与された登録証で確認出来ます。

例えば、有効期間の満了日:H25(2013)年6月20日 の場合

申請受付期間:H24(2012)年10月21日 ~ H25(2013)年2月20日となります。

但し、上記の原則に沿って確定した更新申請受付期間の最終日が、審査機関の休業日

(土曜日、日曜日、祝祭日等)に当たる場合は、直後の営業日まで延長して受付けてもらえます。

その例として、申請受付期間の最終日が、H24(2012)年12月15日(土曜日)の場合は

申請受付最終日をH24(2012)年12月17日(月曜日)として延長になります。 

 

(2)プライバシーマーク(Pマーク)更新に要する費用

料金については、JIPDECの

プライバシーマークの付与に係る費用

 http://privacymark.jp/application/cost/index.html」で確認して下さい。

 

申請先については、付与適格決定を受けた審査機関または付与機関に申請書類を

提出することになります。なお、地域区分の審査機関の指定により、当該地域に

登記上の本社が所在する事業者の場合には、現付与適格決定を受けた審査機関及び

当該地域対応の審査機関に申請することができます。

ただし、審査機関(JUASデ協など)の会員となっている事業者の場合には

更新時にも引き続き当該審査機関に申請することを原則とします。退会等により

この原則に従わない場合は、予め現付与適格決定を受けた審査機関にご相談の上

対応いただきますようお願いします。


(3)請事項の変更について

下記事項に変更が生じた場合には、提出様式にて速やかに報告が必要です。

事業者名・登記上の本店所在地・代表者名・申請担当者/連絡先(郵便番号、
勤務先所在地、

TEL、FAX、E-mailアドレス)・個人情報保護管理者・個人情報保護監査責任者事業者名、

本店所在地、代表者名が変更の場合は、変更報告書の提出時に、下記の登記事項証明書

(いわゆる登記簿謄本)の原本が必要となります。


(4)付与に係る変更報告書の提出先について

変更報告書の提出先は、事業者の申請先により異なります。必ず、申請した審査機関へ提出を

お願いします。(変更報告書の様式は各審査機関のホームページからダウンロードできます)

申請担当者および申請担当者連絡先に変更が生じた際の届け出をしないと、

プライバシーマーク推進センター http://privacymark.jp/からのお知らせが届かず、

審査や各種手続き等が滞る場合があります。


 プライバシーマーク
  

プライバシーマーク 更新 F

2014/04/23

プライバシーマーク更新

プライバシーマークについて

プライバシーマーク取得

個人情報漏洩対策(流出防止・個人情報保護)

Pマーク用語集

Pマークリンク集

セミナー開催情報

当社もプライバシーマークを取得してます。

 

プライバシーマーク

特定商取引法に基づく表記

個人情報保護について

管理画面